ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ゴールデン野宿林道旅(前篇)

2006/05/08(月) 23:46:42

DSC01444_800.jpg

今年初めてとなるストイックな林道野宿旅に出かける朝。「一条さゆり」。伝説のストリッパー。なんか唐突に思い出したのはヒコーキ雲のせいだ(w

今シーズンの研究テーマは「山梨県」および隣接するエリアのダート。有名ドコロのダートを早くマーキングしとかないと。残っているうちにね。でも近ごろのワタシは首都高を横断するルートってのがメンドーでの。いつも混んでるからネ。はぁ。

初日に走った林道=
金沢林道/町道高嶺線/鍛冶村林道/長谷高遠林道(ピストン)/前浦林道/三峰林道(数㌔ピストン)/女沢林道

前日は天候イマイチにつき出発を一日延ばしたワケですが、今回は「乱高下」なお天気に弄ばれたムード(汁 それにしてもGW後半の首都圏、クソいまいましくもホントにイイお天気が続いたナ。いやその。くやしい(w

そういえば、ちょうど1年前は家族で軽井沢の別荘に行ったのでした。キッチリとGWの大渋滞にハマって、中軽井沢にある別荘(社員寮って名前なのがアレですがw)に着いたのはベイエリアの自宅を出てから9時間後、という空前にして絶後(にしたいもんダ)のドライブだったね。この日は余裕をみて5:25にデッパツです。

DSC01450_800.jpg

おかげで快調。小淵沢ICを下り、9:00には一本目の「金沢林道」に突入。山も山麓でも今だ満開。トクした気分さ。

DSC01452_800.jpg

ごらんのように、そこそこのお天気。バックは八ヶ岳。ちなみに高速では冬グローブの指先が少し冷たかった程度でした。

DSC01460_1024_800.jpg

続いてロング・ダート「町道高嶺線」に入ります。これは素晴らしい林道だ。見晴らしのきく明るい稜線上をガンガン飛ばせます。

DSC01465_800.jpg

今回の旅で走破したダート、ラード的にはすべて初見。けっこう新鮮です。

DSC01467_1024_800.jpg

「鍛冶村林道」に繋げます。高嶺線と合わせると連続23Kmのダート走行に。静かなムードの正統的林道。

DSC01470_800.jpg

ただしこのあたりで白状しておかねばなるまい(汁 ワタシ、この旅に備えて「GPS」も「TM」も新調したってのに、やっぱり今まで同様に道を迷いまくったのですヨ。大きな声では言えないけど。このときも「女沢林道」にウラ側(全舗装の「新山林道」。すでに間違えていたワケでw)からアプローチできず、きれいなサクラの樹を愛でて溜飲さげたり。「ITツーリング」なんてドコの世界のおハナシでしょう。これが「ロスト・ボーイ事例その1」(汁

DSC01471_800.jpg

「TM」の紹介文によりますと「ゼロ磁場のパワースポット」なるプチ恐ろしい場所「分杭峠」、そのダークなフォースがジワジワと作用してきたのでしょうか。つぎは「長谷高遠林道」という南アルプスの麗峰・仙丈ケ岳の景観も素晴らしい高速トラバースダートを快走。ところが。

DSC01477_800.jpg

コース終盤で大規模な崩落です(汁 もちろん引き返し。ところが途中で麓方面へ下る名無し支線を発見。ラッキーとばかりに進入したクネクネ作業道のほぼ終点で、次にコレですよ(汁 

DSC01478_1024_800.jpg

いわゆる「電撃柵」。触ったらどんな「メ」に遭うか試してみる、ワケない(w またまた引き返し。

DSC01481_800.jpg

フォースのお導きなのか「ロスト・ボーイその2」事例を発揮。避けたつもりのその分杭峠に吸い寄せられてしまった(w 左折しちゃっただけとも云うが。でも、そのおかげで極上ダート「前浦林道」をマーキングできた。結果オーライだ。急坂なのではとの予想に反した快走できる高速ダート。

ところがダメオシの呪いが降りかかる(汁 リアから異音が聞こえたのでチェックすると、後輪スポークが1本折れているのだ。うーむ。ま、増し締めしてない自分のせいってコトで。

DSC01483_800.jpg

スーパーロング・ダート「三峰林道」を行けるトコまで南下してみようと思い、とりあえず数Kmほどダートを南下。が、単調(いわゆる川沿いのスーパー林道系)なのと食材の調達が先決な時限ってコトで、高遠に引き返しつつ改めて「女沢林道」を駆け上る。

しかしハラへった! 「ダー岩井」氏のサイトに紹介されていた駒ヶ根のすっごいカツ丼も喰いに行けず、かといってヨロズ屋すら無く、わずかコンビニおにぎり2ケの昼メシで走りまくりだ。いや理想に反する(汁 ちょっとはリラックスという麗しい響きをもつコトバを体現したいものです。

DSC01484_800.jpg

蛇足ながら今年版の「TM」、スーパー名が表記されていて便利。高遠町内で買い出し後、野宿地の探索に奔走する。初めてのエリアで、しかも営業キャンプ場では無く、焚火もできるポイントを探すのは年々むずかしくなってきましたね。

16:50、なかなか良いムードのこじんまりとした河原を発見。車道からは見えにくい場所であり、傍らを清流(これより上流には人工物はナイと判断)が流れ、マキが豊富で、黒い雲が強風とともに近づきつつある状況でもあり、廃屋が二つ三つ見えちゃうってのがアレですが今夜の寝場所に決定しました。

DSC01487_800.jpg

まもなく軽い雨が。やれやれ。焚火はムリか。しかしテント内で煮炊きするのなんか、じつに久しぶりだ。なにはともあれビール(もどきw)。お次は100スキで焼いた手羽中をツマミにチューハイ。コレはうまく焼けた。美味。トドメはサラスパ150gにレトルトのミートソースぶっかけ。定番の主食でありマス(w

DSC01489_800.jpg

画像は翌朝の様子ですが、テントの中で炊事して、あらためてこのテント(ダンロップ製の2人用で昭和末期に購入。「ムーンライト」のパクリw)の適度な大きさ、このスタイルがワタシには便利だと思った。夜中のオシッコのときに外へ出にくい、という以外は。

そういえば寝る前にオシッコに出たら、いきなり頭上で「きょえーっ」という絶叫が上がってビックリ仰天。あれは「鵺(ぬえ)」だったのか。さらにこの時期と場所にしては異常に暖か。シュラフのジッパーをハラまで開けて寝ていたほどだ。周囲の林もゴウゴウと揺れ続け、さすがのワタシも眠りが浅かったワケです(汁
バイクの旅TB:0CM:2
<< ゴールデン野宿林道旅(後篇)ホーム全記事一覧ふたたび「ITツーリング」に向けて >>

コメント

いいなぁ、山中。またヨサゲなトコですねぇ。次回は山中に行くかなぁ....砂浜も捨てがたいけどさ。

あ、画像が1枚カブってるような。ちゃんと剥いてやって下さい(^^;
ぼうず #mQop/nM.|2006/05/08(月) 23:59 [ 編集 ]

おおっと。ぼうずさん、ご指摘サンクスです。仕上げました。こんだけ画像が多いと疲れるのネ。

いつでも紹介しますが、まあ、増水する時期は止めたほうがイイでしょう。4ヶ所くらいは「ポイント」を収集しますた。
ラード #-|2006/05/09(火) 00:27 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://uemat.blog33.fc2.com/tb.php/82-942bb4dc

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。