ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


11月 | 2017年03月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ゴールデン野宿林道旅(後篇)

2006/05/09(火) 00:07:54

2日目に走った林道=
黒河内林道(上半分を結局1往復半したw)/釜無山林道東山線(ほぼ全線分をピストン)/丸金林道/小武川林道/御座石林道(ピストン)/御庵沢小武川林道/鈴蘭林道/小武川支線林道

DSC01493_800.jpg

今年も観光名所めぐりとは無縁のマイ・ウェイを突き進むワケですがネ(w 山里の春ってイイなあ。

DSC01496_800.jpg

高嶺線と対をなす好ロング・ダート「黒河内林道」を北上。もはやコレはSS区間と(ry 調子に乗って牧場の終点まで上がってしまいました。「ロスト・ボーイ」その3を実現(汁 釜無山方面に抜ける分岐を求めて引き返す。

DSC01498_1024_800.jpg

「釜無山林道東山線」を駆け上がる。今回のメインディッシュだ。自己責任にてカギ付き×××を×から××。下半分が荒々しい絶壁を、上半分はダイナミックなスカイラインをトラバースする走りがいのあるダート。こりゃ楽しい。

DSC01502_1024_800.jpg

標高が2000m近い。撮影していると工事作業車2台に遭遇、抜かされる。マズイ。そういえばワタシは9連休だけど世間ではGW合間の平日月曜だもんな。この林道の終点、いわくつきのゲートの手前が工事現場の模様。恐る恐る接近したけれど、凶悪な小出監督みたいなオッサンに取り付くシマなく追っ払われました(w  春まだ浅い残雪の山中にあっては、林道はシーズンの初めでありメンテナンスの時期だってコトを思いだしました。ええい。いつかリベンジだ。

DSC01497_1024_800.jpg

「釜無山林道」を引き返して三たびの「黒河内」を激走、入笠山牧場から山脈を越えます。これもまたヨシ。風情ある山小屋とかあったからね。

DSC01503_800.jpg

入笠山からの下りでチョイスしたのは「丸金林道」。しかしナンダこれは。まるで登山道(汁 つーかMTBダウンヒルの中上級向きコースなのネ。ヌタ、ガレ、ヘアピン、急傾斜とアトラクション満載です。スタンディングで腰が引けないから怖いの何の。フル積載のワタシはコカしたら再スタートは至難だな(汁 画像は激下りに突入する直前のもの。

DSC01504_800.jpg

残雪の甲斐駒を望む。しかし甲府盆地に下りてきたら何だか暑い。暖かいのではナイ。暑いんです。国道20号路傍のデジタル温度計を見て、のけぞった。「27℃」。
この旅の行動中のウェアリングは、上がウィックロン半袖Tシャツ、フリース・プルオーバーといつものモンベル・ジャケット。下はモトパンだが、もしものためにユニクロ製モモヒキをバッグに忍ばせてある。が。たまらずフリースを脱いでジャケットのベンチレーションも全開ですよ旦那。おそるべし、フェーン現象(汁

DSC01505_1024_800.jpg

「小武川林道」に入る。川の土手でコンビニ弁当を喰ったあとは、全開。もはやSS区間(ry なんでダートで残ってるのかフシギなほどの見通しの利く「ほぼ直線7km」をキミも体験しないか。とはいえ交通量は多めなので要注意。

DSC01507_800.jpg

甲斐駒ケ岳。好きな山です。このあたりから軽い頭痛が翌日まで続いたんだけど、あれが熱射病ってヤツだったんだろうか。立ちゴケで大汗かいたりしたし(汁

DSC01509_1024_800.jpg

「ロスト・ボーイその4」となった全舗装「御座石林道」を自己嫌悪にさいなまれつつピストンしてから「御庵沢小武川林道」へ。かつてはここら一帯の道すべてがダートであったという。うーむ。もったいなかった(汁 どえらく眺めの良いこの林道も、残すところダート約6Km。でも内容が濃いぞ。堪能しました。

DSC01510_800.jpg

いったん山麓に下って韮崎市内で食料とサケを調達、ずいぶん陽が伸びたとはいえすでに夕方、少しアセリながら「鈴蘭林道」へ突入。下半分は沢沿いのけっこう荒れた路面です。枝沢にて水筒に水を汲む。計3.5㍑。これでどんな場所でも一夜は過ごせる。あとはフィーリングだ。しかし、サケともども操安性がますます不安定になった(汁

DSC01513_800.jpg

この林道も登り方向で走るとイイですよ。物語性を感じられるからね。ビュー・ポイントもある貴重なダートだ。

DSC01514_800.jpg

17:30、ある沢沿いの支線ドンツキ、堰堤のヨコにようやく良さげな野宿地を発見した。完全にヒトの手が入った造成地だが、一夜の寝場所を借りるくらいなら文句も云われないだろう。ビールを冷やせるし、何よりうれしいのは、そこら中にウッドチップが敷き詰められているコト。ラッキー。ワタシのために用意して待っていてくれたとしか思えぬ(w

DSC01516_800.jpg

100スキを使って鳥のナンコツを炒める。この日は大汗をかいたからビール(もどきw)計1㍑がウマイし、コイツがまた合うのだ。ずいぶん塩コショーを振ったけどね。続いてアーリータイムズのソーダ割りを飲む。炒めたポークビッツをツマミに。そうしたらハラがふくれちまった。主食(といってもレトルトカレーをかけたサラスパだけど)は喰わずじまいです。

DSC01517_800.jpg

半袖Tシャツにフリースベスト、足元は素足ビーサンなんつー軽装で楽しむプチ焚火。うーむ。標高はちょうど1,000mのトコロだってのに。大きめのチップをくべながら飲むバーボン、最高! ひとり宴会は23:30まで続きました。

DSC01519_800.jpg

5時すぎに目覚める。どうしたコトか雨が時おりパラパラとテントをたたいている。やっとこさ通話圏内のケータイの天気予報を見たが、この日は終日全国的に大荒れとの予報じゃないか。でも知りたいのは、この次の日の予報です。快方に向かうのかどーか、コレが分からん。しかし旅先にあってホントの「IT」とは、じつはごく原始的なコトかも知れない。「AMラジオ」がもっとも使えるね(w  コーヒーを飲みながら小1時間ほど悩んで、このまま直帰しようと決めた。全身がドローンと筋肉痛でもあるし(汁

撤収を始めるあたりから雨が本格的に降りだし、8:30の出発時には近場に落雷しまくるというスペクタクルになった。昨年は無敵の晴れ男だったのにな(汁 でもパッキングの最終段階であるテントを畳むというときは、なぜか知らねど降りやんだ。さらには関東一円が広く落雷ビシバシ地獄の中にあって、このときもギリギリガールズで雨雲を微妙に避けて帰宅できたんですけどね。まだ救われてるかも(w

そういえば、この旅でも林道でオフロード・ライダーに一人も逢わなかったナ。静かで良いというコトでもあるけど、それほど今は不人気なのかね。引き続きマーキングする予定だった「櫛形山」と「大菩薩」エリアの他にも、山梨県には「富士山」「道志」「身延」エリアとワタシを手招きしてる林道は無尽蔵です。勝手なイメージだけどサ。

ワタシにとって今回いちばんタメになった「IT」ネタとは、「Baja」号のスピードメーターのコトですかね。「ガーミン」には衛星計測による移動速度が表示される。クルマなどの速度計は少し速めに表示するものだが、「Baja」のホントの時速はメーター表示より5~6Km遅いってコトが判明した(w デジタル表示のクセして。メーター読み106Kmあたりで実際の100Kmだ。なんか感心したり。

でも「カシミール」がトラックログを読み込まないのは、いったいナゼだろう?(汁

バイクの旅TB:0CM:8
<< 初夏のベランダホーム全記事一覧ゴールデン野宿林道旅(前篇) >>

コメント

いいなぁ、林道。千葉とは違いますな。

よし、今年は....千葉の林道歩くか(^^;
ぼうず #mQop/nM.|2006/05/09(火) 21:59 [ 編集 ]
正直、ビックリです。
まだまだ、こんなにいいダートが残っているなんてね。
ちゃんと調べてみるもんですねえ。

それにしても先月からの天候不順はハラが立ちます(汁

そうだ。房総中部の東大演習林、バイクでは入れないけど
トホダーならOKじゃないですか? 如何。
ラード #-|2006/05/09(火) 23:14 [ 編集 ]

にゃ、アソコは歩きでもムリだそうな。第一ゲートは比較的楽に越せるらしいんですが、その奥に有人のゲートがあるとか。そこまでするか、トーダイ!

あ、亀山側手前の大広場で大宴会出来そうですな。30張り位いけるのでは?(^^;
ぼうず #mQop/nM.|2006/05/10(水) 00:02 [ 編集 ]

そういえば、どっかのチャリダーのサイト(失念)に、正月3が日なら警備員もいないハズと特攻、まんまと禁断のダートを蹂躙したって記事があったですが。

ともかく恐るべし、トーダイ! そんなムード(w

む。ツーレポにうpした「電撃柵」ってのも底意地わるーいブツですよね(汁
あきらかに対人用抑止策だもんねえ。ホントにデンキが流れているのかどーか、マジで逡巡したのはホントdeath(w
ラード #-|2006/05/10(水) 11:30 [ 編集 ]

そのサイト、ワタシも見ました。正月と一般公開時位しかダメだとか。正月はダメよ、千葉の林道行くなら雪原で凍えてたいもーん(^^;

千葉の山の中でも電撃柵もどき、見ますね。アレは畑の周りだからほぼ確実にビリっとくるでしょうなぁ(^^;
ぼうず #mQop/nM.|2006/05/10(水) 21:15 [ 編集 ]

同感です。ワタシも正月は喰っていたいですからね。ひもじい思いをするのもねえ。ホラ、いつものボクって少食じゃないですか。え。なんか間違ってますか?(w



ラード #-|2006/05/10(水) 22:49 [ 編集 ]

や、間違ってないですよ、ラードさんの辞書では。でも、同じ辞書持ってる人を探すのって、東大演習林を無事潜り抜けるより難しい鴨。
大食いだと思ってたかぶくろすさんがカワイク見えるもの(^^;
ぼうず #mQop/nM.|2006/05/10(水) 23:21 [ 編集 ]

正直に申し上げるとワタシの場合は「いつも大喰い」ってワケではナイのです(汁 この旅初日の昼メシなんかオニギリ2ケですもんホントだよ(w 死ぬる思いでしたが。もしも万一、のために買った予備食「ヴァームゼリー」も忘れているのに気づいたワタシは北の空に吼えました。まあガマンしましたが。ね。フレキシブルに対応できなくもナイわけです(w
ラード #-|2006/05/11(木) 10:41 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://uemat.blog33.fc2.com/tb.php/83-d396a1d6

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。