ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

喰うための道具・くつろぐための道具

2006/05/16(火) 18:11:35

GWの野宿旅に持参した「ブキ」などの装備をご紹介しよう。

野宿の装備については誰だって相当なコダワリとウンチクがある。「衣食住」という生活の道具すべてを、モレ無く軽くコンパクトに揃えるからだね。さらにバイクに積載するワケで、そのチョイスにはより神経を使う。オンロードでの旅支度なんざ、まだラクというものだ。ぼくらが目指すのはガラガラ、ガタガタな道が続くオフロードなのだからね。壊さない工夫、落とさない方法など考えるべきコトがより多いのだ。

だが、こいつが楽しい。こいつが面白い。このアイデアやスキルを、ヤフオクの「商品」として売りに出したいくらいだ(w 国内に限ったハナシだが、道具の選定とパッキングがメンドーなのは、登山装備だと思う。それも長期に及ぶ冬山の縦走が一番だろう。なぜなら補給する手段がナイから。ココがポイントだ。

そんなストイックな状態よりはアメニティ装備を持ち運べるバイクでの旅、これは適度に快適だ。ワタシにとってのオフロード・バイク旅ってヤツは、登山を含む徒歩での旅よりラクで、自転車よりラクで、オンロード・バイクよりツブシが利き、クルマでの旅より自由かつ自然を体感できるという身の丈に合った遊びなのだ。

すでにウンチクを炸裂させまくっております(w 
さて、この野宿装備にまつわるハナシだが「調理」関連の道具についてが、もっとも各人のコダワリとスキルが発揮できるポイントだと心得る。野宿人がオノレの眼力と識見を総動員して検討吟味の上、手に入れる装備なのだからね。「調味料」などのラインナップ構築および各種容器の選定など、場数を踏んでより洗練される崇高かつ深遠な研究課題も含まれるワケだ(w あまつさえ「何を作るか、どう喰うか」という野宿における最大の楽しみに直結する。いきおい当該製品の「自慢バナシ」に及んではキリがない。なんつーかもう、いたるかしこで花が咲く。そして終わらぬ。もちろんワタシも同様。全力で自慢する。ほかに何があるってんダ(w

DSC01562_800.jpg

今回は先日の野宿ソロ旅で実際に使った「食」まわりと「焚火」がらみの装備をご紹介する。それらを小分けに収納した状態は、こうなる。左の長い袋はソロ・テーブル。

DSC01554_800.jpg

上記の装備をひろげた状態、その1。
軽量化には、さほどのコダワリはない。だいたいチタン製品は高価いしナ(汁 左の大シェラカップのみチタン製。18年モノの「EPI」ストーブ本体は軍手(左手のみ)に入れて収納する。まったく壊れないので買い換えようがナイ(w 「ビクトリノックス」はハサミ付き。刃物は工具入れにもう1本、レザーマンの「PSTⅡ」を入れている。その横は「和武器」なるスノーピーク製折りたたみハシ。発売して即購入。もう10年ほど愛用している。
調味料は、塩、黒コショー、七味、サラダ油、だしの素とコーヒー豆。小マヨネーズは使い切った。ガスボンベは当初3泊か4泊を考えていたので、デカイ方をチョイス。暖かだったので「パワープラス」はもったいなかった。その下は防風スクリーン。右はボンベの安定台。スキットルには「アーリータイムズ」を入れていた。ただし容量が少ない。ひと晩で飲みきった(w 次回に向けての最重点研究アイテム。

DSC01557_800.jpg

収納の実例。青い袋にはご覧のように収納する。美しいと自画自賛しているスタッキング方法に注目されよ(w 深型クッカーには軍手に入れたストーブ本体など、スキマの出ないよう詰める。

DSC01560_800.jpg

装備をひろげた状態、その2。
水筒は2ケ。「プラティパス」2.5リットルと、沢清水を汲みやすい「ナルゲン」の広口1.5リットル。たいへん便利。もう従来のカタチのヤツは使えなくなる。「キャプテン・スタッグ」の「ちゃぶ台」、以前は「そんなもん、要るか?」だったワタシが昨夏の野宿旅用にバーゲンで購入(950円くらい)して以来、無くてはオサマリのつかぬ野宿の友になっちまった(w
以下は焚火用グッズ。「ネイチャーストーブ」は焚火マニヤのワタシからすると、非常用の装備だ。今回は穴掘り用として優秀な「ガエルネ」のオフロードブーツでも掘れない場所だったので、結果オーライ(w じつは10年モノだったりする。火バサミは「魚つかみ」を流用。厚みがあってソリッドな握り心地。つつましい長さもイイ。じつはワタシのバイブル「大人の男の野遊び術」に紹介されていて、偶然に発見したタカラものだ。

さて、この記事用に各道具を撮影したあと、半月ぶりに洗剤でキレイにしてあげました。通常のワタシならば次回の野宿時に現地で洗うのが慣わしだもんね。快挙だ(w

ラード的「野宿」指南TB:0CM:3
<< サンダルと馬車ホーム全記事一覧初夏のベランダ >>

コメント
ウンチク
またいっぱいタレましたなぁ。3回分位あるんでないかという内容(^^;

どの移動手段にせよ、「身の丈に合った」とゆーのがミソなんでしょうな。ワタシの場合、ラクでない「徒歩」や「自転車」も好きだもの。車でお気楽野営もいいけど、生身の人間の小ささを感じる活動も好きなのであります。
なーんて、最近自力系してないんで説得力がありませぬ(^^;
ぼうず #mQop/nM.|2006/05/16(火) 20:54 [ 編集 ]
あちゃー(汁
>ぼうずさん
なんか読み返してみたら、怒りながらカキコしたみたいかナと。いや自分の文章が(汁 むーん。酔っ払ってるからアレですが。実践しているヒトが一番エライ。これ、ワタシのホンネですよー。
ラード #-|2006/05/17(水) 00:06 [ 編集 ]
実践
実践しているからこそ身の丈に合っていくのでしょう。

ま、オートキャンプ場なんてトコは身の丈が合ってないようなヒトが多い気が....や、このアタリは上手く表現出来そうに無いから、星空の下で酒呑んだ時にでも。なーんて、そんなコト忘れてるだろうけどさ(^^;
ぼうず #mQop/nM.|2006/05/17(水) 00:37 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://uemat.blog33.fc2.com/tb.php/85-3d26f27f

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。