ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ラード的野宿林道旅、荷物の積みかた

2006/06/14(水) 00:32:51

ハイ。では「なま」さんにレクチャーします。マボロシのコーヒー豆をいただいたお礼にネ。あ。その豆、じつはまだ飲んでナイのです。手挽き式ミルを調達しないと。そこそこ安くてコジャレたミルを探しています。

DSC00183_800.jpg

さてと。野宿装備の積載方法はヒトそれぞれですからね。ただし「ラフ&ロード」のドライザック60㍑を使うという時点で、なまさんはワタシの流儀とカブる。なにかしらのヒントになればと。

DSC01274_1024_800.jpg

コレは今春、浮島キャンプ場に到着したとき。だから食料品とサケを持ってない。ワタシの防水バッグはカレコレ7年モノの今は亡きメーカー「JTC」製60㍑。たしか大判のツーリングネットと、さらに上に乗っている同素材のミニバッグまで付属していたと記憶する。一貫してこのテのターポリン素材のデカいバッグを愛用してきた。安価で完全防水、コケて穴が開いたとしてもガムテで対処できること。ただしきっちり積載したら、ちょっとした荷物を出すのもメンドーってのがアレだ(汁

DSC01254_1024_800.jpg

荷物のシバリかた、これは昭和末期のころから不変。私淑する寺崎勉師の教えに忠実なワケだ(w ストレッチ・コードを4本用意、短い2本を平行に。少し長めの2本をバッテンがけに。最強の固定法だと今でも思う。コード類は8本ほど持っているが、やっぱり壊れないんで買い換えようがナイ(w 

DSC00324_1024_800.jpg

昔むかしにビールとか食料を落とした経験があり、とにかく荷物は落とさぬようにハゲしくこだわる。テントも今では一緒に収納する。それからバッグがズレる、ズリ落ちるのも心理的にイヤ。だからリアに小山のようにアレコレを積み上げてネットで覆う積みかたなんか、ヒトごとながら気になってしょーがない(汁 まあ、オンロードだけの場合はそんなので結構なんだろうが、ワシラは果てしなきガラガラ道を逝くのだからね。後ろが気になるようではイカンと。

DSC00318_800.jpg

最近の野宿旅では、デイパックを背負うかウエストバッグでいくか、旅の時期、内容によって分かれる。走りがメインとなる場合、背中で引っかかって動きにくいデイパックはヤッパリやめようと痛感した先月の信州旅。身の回りの小物・貴重品などはすべてウエストパックに収納。ミニバッグにはカッパなどの雨装備、水筒、トレペ、エルボーガードなどを入れている。これは昨年6月、シルクバレーキャンプ場を発つとき。

DSC01683_800.jpg

そのウエストバッグ仕様の場合、モンダイは食料品・サケ・水の格納だ。重くガサばる追加3点装備は、こうする。黄色のターポリン製フクロは、およそ15年ほど昔に買った15㍑程度のバッグ。プラティパスとナルゲンの水筒2ケ、計3.5㍑の水と共にすべてコイツに収納する。
それを追加ストレッチコード1本でしばった上に、ミニバッグのネットで覆うのだ。間違ってもスーパーのビニールを外にぶら下げたりはシナイ。多少の食い物のツブレや変形はシカトしようね(w それでも収納できなかったら仕方ないね。メインバッグを下ろそう。
もちろんスーパーに寄るのは午後遅くになるようスケジュールは考えるべき。買出し後はすみやかに野宿ポイントの探索に専念する。無茶な走りは当然できない。キャンプ場など寝場所が決まってる場合は気楽なものだ。どうとでもできる。

DSC00190_800.jpg

Baja号の前に乗っていた「TT-Raid」。一昨年の秋、川俣桧枝岐林道にて。どのバイクだろうが積みかたは変わらんという典型例。コイツにはキャリアを付けてなかったので荷物が前方に寄っちゃう場合があったナ。 

ラード的「野宿」指南TB:0CM:2
<< 群馬100Kmダートの旅 前篇ホーム全記事一覧水辺で、恨めしや(w >>

コメント

よし、つかんだ。w
できるだけバッグの数を減らすというところがキモですね。
テント一式・寝袋・マット・調理器具・食器類・着替えについては60Lのでっかいバッグに入りました。取り出す機会の多いカッパとかはもうひとつ小さな防水バッグがあるので、そちらに入れましょう。着替えもそっちへ移動。食料・酒は、やっぱりそういう解決方法ですか。
固定方法についてはちょっとオリジナリティを出して、X型のストレッチコード+長い一本もののストレッチコードでグルグル巻きで行ってみようと思います。手元にそれがあるということなんですが。
なま #GCA3nAmE|2006/06/14(水) 06:41 [ 編集 ]

>なまさん
とっても覚えがイイ(w

>食料・酒は、やっぱりそういう解決方法ですか。
野宿場所に行くまでの道が舗装路なら、神経質にならんでもヨロシ、です。食材は、それまでカラの振り分けバッグに詰める、でもイイかと。先月のGWの旅みたいな「行き当たりばったり」でポイントを探す場合は、やっぱり格納法に良く気を使いますね。ワタシの場合、もともと完全野宿を好んできたし、行きたいところを宿泊場所で制限されたくない-という主義です。ドコでも寝ます(w 

不肖・宮島氏のパクリ(w ワタシが死んだら、墓碑銘には、こう刻んでほしい。
ラード やつはよく寝た
いつでも
どこでも
だれとでも

ああ。このネタで1本カキコできるナ。
ラード #-|2006/06/14(水) 12:19 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://uemat.blog33.fc2.com/tb.php/91-ea691870

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。