ラード・アラモード

アウトドア好きのオッサンです。山系バックパッキング、サバゲ、林道野宿ツーリング、好きなモノ、好きなコト、昔ばなし(w のんびりと、自分の興味をご紹介します。

掘ったイモいぢるな?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事

プロフィール

ラード

Author:ラード
千葉県在住
バイクはXR250「Baja」
クルマはE46「325i Touring」
メインアームは「SIG552 SEALS」


林道焚火野宿のバイク旅と
サバゲ、そして
バックパッキングの世界を愛する。
風流なオッサンとなるべく
奥義を研究する日々(w

最近のコメント

データ取得中...

検索いのち(w

Google

WWW検索 ブログ内検索

こんなもんです・・・

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

検索順位チェックツール

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

群馬100Kmダートの旅 後篇

2006/06/15(木) 16:08:25

DSC01661_800.jpg

ある川沿いのキャンプ場。たまに魚のはねる音が谷にこだまする静かな場所だ。それにしてもぎんなん氏のキャンプ場の引き出しって、ホントに多いな。

DSC01650_800.jpg

なにやら超ミクロな霧雨が降り始めたコトもあり、東屋に移って宴会を始めた。ヒト気の無いキャンプ場って、こういう場合にありがたい。さらに言えば「M」氏と「G」氏がいてくれると、調理におけるラードの出番は、ほぼナイ。グレイト!  

gingnang_12_1_1024_800.jpg

喰う。ばりばり喰う。いつもは小食なボクだけど(w ぎんなん氏の画像を拝借。

ところで、あたりが暗くなったころから芝生広場の真ん中で、とても興味ぶかい「イベント」が始まった。「道着」を着こんだ20名強の集団がゾロゾロと登場。キャンプファイヤーを囲んで、アレは何と言えばいいのだろう、つまり「儀式」をおっぱじめたワケです(w 

翌日わかったコトだが、某大学の空手部員とOBだ。天地5㍍におよぶ盛大に燃え盛るファイヤーを前にして、おのれの抱負(らしい)を絶叫するの(w 「ジブンはァ、××のォ、××をォ、ずえったいィ、倒しますうううっ」とか何とか。つまりアレだ。「炎のイニシエーション」ですナ。礼儀はとっても正しいヤツラ。しかし五月蝿い(w 灯油だかを振りかけて一発着火する焚火なんてのも認めるワケにはイカン。

DSC01653_800.jpg

いろいろ喰わせていただいたが、写真が手ブレしちまった(汁 これはぎんなん氏の力作「厚揚げ」。うまい。しかし息が白い。やっぱり上州の山中は寒いね。
今回の旅では「なま」氏が林道めぐりに同行する予定だったのだが、事情により流れた。いや残念。ビシビシ鍛えてさしあげたのにナ(w

DSC01657_800.jpg

朝メシは「M」氏の「ごまだれ釜揚げうどん」。うまい。

DSC01658_1024_800.jpg

さわやかな朝の眠りは、じつは昨晩の空手部OBのダミ声で破られたりして(w 「火は消えとるか」。ヲイヲイ。確認してから宿に戻りたまい(汁 おかげで6時に起床しちまったよ。

DSC01659_800.jpg

さあ、撤収だ。早起きのワリにデッパツ時刻が9:45とは、これ如何に(w

DSC01663_800.jpg

「秋鹿大影林道」。四万温泉に向かうぎんなん氏も一緒に走る。少しヌタっていたり、ガレ気味な路面が逆にパンチがあって楽しい。峠越えをするのも正統的なムードで好印象だ。

DSC01664_800.jpg

前後タイヤがすり減って「モタ車」状態の「AX1」で妙に速いぎんなん氏。

DSC01667_1024_800.jpg

ふたたび「M」氏とふたり、ロング・ダート「万沢林道」に突入。本日は林道2本で合計34Kmだ。

DSC01668_800.jpg

ところが濃いガスがワタシラをとり囲む。開通以来40年以上も未舗装路としてガンバってくれてるこの林道だが、ステータスとしては「スーパー林道」系かな。20Km超の長さはイイが、メリハリはイマイチ。ガスさえ出てなければね。

DSC01670_800.jpg

最後に現れる1Kmのスーパー・ストレート。でもガスなので飛ばすには怖い。いつかまた走りたいルートとなった。

帰りがけに野反湖でも寄るかと思ったが、どうせガスで見晴らしなど利かないだろう。なんか疲れちゃったし、あたりに売るほどあるw温泉にも入らず、帰路を辿る。R405で休憩した「道の駅」では気温が14℃(汁 寒いワケだな。

六合村(どうしてコレで「くに」と読ませるw)付近では、いきなりものスゴイ数のバイクを見た。近くにある草津温泉みたい。湧き出るごとくだ。それもデカいバイクだらけ。さらになぜか珍車、旧車のオンパレード。「Z1R」だの「H2」だの「500SS」だの。なにやらミーティングでもあったのかな。あるいはこのとき以前の週末ってのが、ほぼ毎週で悪天だったから、バイク乗りが炸裂したんだろうか。

ところがだ。関越道・上里SAで休憩していたときに出会った数百台のバイクで、いわゆるオフロード・バイク(モタ除外)は、何てこったワシラのみなのだ(汁 さらに野宿装備一式をくくりつけてるしサ。超レア。ある意味、目立っていたかも。がんばろう。野宿林道の旅人よ。偏見にめげずに(w
17時帰宅。走行距離は、計605Km。 


バイクの旅TB:0CM:6
<< 座イス賛歌ホーム全記事一覧群馬100Kmダートの旅 前篇 >>

コメント

告白します。
その昔、大学生だった頃、湖畔の公園で同じような巨大なキャンプファイヤーやりました。学生服着て一升瓶のお酒を回し飲みしながら踊ったり大声で抱負を叫んだり。(汗
「押忍」とか言ってOBに気合入れられたりしてました。あまつさえ、泥酔状態で湖に飛び込んだりしました。2週間前に東大生が同じ事しておぼれて死んだほぼ同じ場所で。今は反省している。

喰ってばっかり・・・のような気がしますが、気のせいですよね。
名無しサン@私の屁だ #GCA3nAmE|2006/06/15(木) 18:59 [ 編集 ]

野反湖はですね、行くまでが楽しかった筈。
すんごい幻想的なふんいき(あえて変換しないw)だったんじゃないかな、霧なら。
白樺の林をぬける鋪装林道で、なかなかお勧めです。
湖の景色はダメだろうけど。

>ミスターX様

もちろんその喰いっぷりは凄かったです。
また、そればかりではなく、呑む方も相当なものでした。
と、目撃者は語るのであった。
ぎんなん #X.Av9vec|2006/06/15(木) 19:48 [ 編集 ]

>ミスターXさま(だれだ・・・・(・∀・;)?)
コメント、サンクスです。しかしオトコにコクられたのは久しぶりです(w
そういう武勇伝は大好物です。詳細ヨロシク。

>喰ってばっかり・・・のような気がしますが

もちろん気のせいです(汁
だってこの日は、一日で3食しか喰ってナイんですからね。
待てヨ。3食目は都合5時間くらいかけていたナ。
ま、気にしない。運動したもん(w
ラード #-|2006/06/15(木) 19:50 [ 編集 ]

おっと。ぎんなんさんとカブった。

お疲れさまでした。ようやっと「うp」しました(w
秋にまた行きたいですね。野反湖もネ。定期的にマーキングしてもイイと思わせた素晴らしいなコースです。次回はぎんなんさんも完全同道で、よろっす(w
ラード #-|2006/06/15(木) 19:55 [ 編集 ]

あ、ごめん。わたしです。>ミスターX
なま #GCA3nAmE|2006/06/15(木) 20:26 [ 編集 ]

ぎゃっ。なまさんであったか(w

いまから梅雨明けのツーリングが楽しみだのう。
まあ、ルート設定はオマカセあれ。

なまさんのソロ・トレーニングのルートも考えますよ(w
ラード #-|2006/06/15(木) 22:36 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://uemat.blog33.fc2.com/tb.php/93-02201062

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

アクセス解析
Copyright(C) 2006 ラード・アラモード All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。